事業所概要


   事業名    北海道救急リリーフシステム

   設立日    平成29年1月19日(業務開始/平成29年2月1日)

   代表者    長浜和輝

   顧 問       医事:三上 剛人   (救急ケア開発研究所代表理事/吉田学園医療シミュレーションセンター長)

          税務:山口 和佳子(税理士法人空の色 代表社員税理士)

   従業員    代表1名 常勤社員1名(事務担当) 他、非常勤社員にて構成

           加盟団体   NPO法人コンベンション札幌ネットワーク

   所在地    札幌市東区北8条東19丁目1番30-301

   連絡先    TEL 011(788) 7930    

   事業内容   ①各種イベント会場等における安全管理及び救護事業

       ②応急手当教育事業

           ③高齢者・児童施設救急対応事業

        

お取引先ご紹介(イベント救護事業)


・根室市

・余市町

・美瑛町

・一般財団法人江別市スポーツ振興財団

・株式会社ウエス

・株式会社ハンドクラップ

・株式会社セレスポ

・株式会社アイサム

・株式会社朝日サービス

・株式会社スパイスコミュニケーションズ

・株式会社札幌民間救急サービス

・有限会社プロスワーク

・サッポロ・シティ・ジャズ実行委員会

・一般財団法人札幌市芸術文化財団

・パシフック・ミュージック・フェスティバル組織委員会

・公益社団法人ふる里公苑 真駒内滝野霊園

・NPO法人モエレ芸術花火

・北海道真駒内花火大会実行委員会

・北海道マラソンクラブ

・札幌・豊平川市民マラソン組織委員会

 

STAFF紹介(一部)


氏名  長 浜 和 輝 

年齢  平成2年4月20日生 26歳

役職  代 表

所属  札幌イベント救護ボランティアSEFA

    総合防犯ボランティア セキュリティ・オブザーバー・さっぽろ 

                   Security Observer Sapporo(略名SOS)

 

資格    救急救命士  大型自動車(Ⅱ種) 3級陸上特殊無線技士

     3級アマチュア無線技士 危険物取扱者乙4類

      ホスピタル・コンシェルジュ(医療機関に於ける接遇・医事の資格です) 

 

経歴  札幌市立もみじ台中学校⇒札幌日本大学高校⇒吉田学園医療歯科専門学校

     ⇒北留萌消防組合消防署古丹別支署(苫前町)⇒現職

 

家族  妻1 ペット1(アカミミ亀)

 

 

ご挨拶    事業開始1年を迎えることが出来ました。ご支援頂いた皆様有難うございます。

     1年目はイベント救護事業を中心に業務を行いました。

     お陰様で多くのお客様のご理解を頂き、昨年の救護業務委託件数約60件。札幌ドームを会場とする4万人規模の大規模コン

     サート業務や丘のまち えいヘルシーマラソン」「最東端ねむろシーサイドマラソン」等、行政機関が主催する参加者

     1000名を超える大型マラソン大会の救護業務等をディレクターを中心に地元消防期間、医療機関の協力を得ながら実施

     致しました。

     事業2年目は初年度築かせて頂いたお客様とのレールをより太く強いものにする(顧客満足度の上昇)事を最大目標とし、業

     務委託事業に関しても進めていく予定でございます。

 

     スタッフ一同、一致団結し邁進していきたいと思います。今後ともご支援の程、宜しくお願い致します。

 


<イベント救護事業部及び応急救護事業部非常勤スタッフ>

 

  ①救急救命士   15名(内イベント救護ディレクタ-3名)

  ②看護師      9名    

  ③応急手当資格者 10名(救急救命士養成学校学生、看護学生等)